勇進流とは 宗家 紹介
 
 


勇進流



田中先生の



芸能プロダクション




居合・試斬


刀・剣 販売



内閣府NPO法人



平野,流町,道明寺,富田林道場


 

 

創始者である初代勇進流宗家 瀬戸天勇宏俊が、長年にわたり修行した古流武術を主体とし、それに新しく閃いた技を取り入れ、理に適う独自性ある流派として創流しました。

居合 剣術 体術 試斬を一体としての技術の向上と武士道としての精神性の探求、所謂 文武両道を修める流派です。

勇進流趣意

居合形
敵を想定しての一人演武と、二人で行う組居合演武があります。
当流には大刀、小太刀、そして二刀の形が有り、又 それに表技と裏技で合計百本近い形が有ります。

剣術
居合の形に基ずく、打立ちと仕立ちでの実戦剣法の稽古です。

体術
柔道や合気道の基ともなった古来から伝わる素手での武術で、所謂 徒手空拳の技です。護身術としても最適です。

試斬
普通は【試し斬り】と呼ばれていますが、当流では【シザン】と言っております。
当流は巻き藁や青竹を敵と想定し、実践的に斬る稽古を行っております。

− 瀬戸天勇宏俊

勇進流刀技術 初代宗家
勇進舘本部道場 館長
大日本武徳会 範士八段
大日本武徳会本部 理事
大日本武徳会大阪府支部 副支部長
大日本試斬道連盟 総裁



このページのトップへ
HOME勇進流とは支部長紹介入門案内行事写真館練習写真館リンク